地球にとって喜ばれることを

緑と水

皆様と共に緑と水の
美しい地球を取り戻す

日本の国土は、約70%を森林が占めます。
「循環」は地球規模で行われていて、地球上のほぼすべての生命にとって必要不可欠な水や空気は、この「循環」によって支えられています。
自然環境が壊れてしまうと、循環が滞り、たちまち人は愚か、動植物や昆虫さえも生きぬくことができなくなります。
地球が健康でなければ、私たちのストーリーを続けることはできないのです。
一人ひとりが今より少しだけ、利便からナチュラルへ、大量生産・大量消費から体に良い暮らしへと意識を向けていくことで、自然環境が改善されていくと考えております。

土壌、農家さん、食にとって喜ばれることを

山地

山地から変えていこう

川の水は里山を経て、海まで流れ出ます。その道中に、さまざまな作物を育て、その作物は一般的なスーパーへ流通します。ですから、はじまりである頂上はきれいでなければいけません。頂上が薬品に汚染されていたら、その汚染が下部の田畑へ、ひいては人々の食卓まで受け継がれてしまうからです。私たちは、山地を変えていくことをミッションの一つに掲げています。私たちが展開している発酵堆肥は、山、森で育つヒノキや杉からできています。国内の山地にこのような堆肥作りを広げ、山地の周辺農家には堆肥を無料提供、オーガニック農園、無農薬農家を作っていきます。そして、山林地域の学校給食を無農薬に。公園の植栽も無農薬のものへと変えていきます。

人々にとって喜ばれることを

温もり

温もり溢れる健やかな暮らしへ

化学技術が進化し過ぎたこと、インターネットが普及したことで、必要以上に知らなくていい情報まで知り得ることができる時代です。しかし、薬品や農薬に頼らない自然な暮らし方によって、今ある問題を解決できる可能性もあると、私たちは考えています。
それは、数値や先端医学ではなく、もっと感覚的で心地好い暮らし方。たとえば自然に寄り添うこと、質の良い睡眠を取ること、美味しい食事を摂ること、笑顔でいること、心温かいナチュラルな日々───私たちは、こういった健やかな暮らしが健康に繋がると考え、温もりを提供し、安全かつ自然な食環境を整えて参ります。

世界が喜ぶことを

自然

ナチュラルに、
ミニマムに生きる

自然、植物、昆虫などは、栄養を最大限に吸収し、無駄を省いた作りになっています。
摂理に逆らわないナチュラルさと、与えられたままのミニマムの中に美しさがあります。人類もきっと同じ。自然の中に生まれ、命ある者として、命ある物を食する。私たち人類も、ナチュラルに、ミニマムに生き、循環の一部として自然と共存していけると信じています。

未来へ向けて喜ばれることを

未来

「今だけ良ければいい!」
をやめる

私たちは、地球の未来を良くするのも悪くするのも、我々と今の子どもたちにかかっていると考えています。子どもたちが健やかな暮らしや心地よい選択をするためには、まず私たち大人がしっかりと歩むことが大切です。私たちは、日本中の学校の校庭、自治体が管理する公園などの植栽、樹木また幹線道路の街路樹、マンションの植栽など、子どもたちが裸足で走り回ることが出来るように土壌整備を行いたいと考えています。現在、幼稚園、学校法人、地方自治体やビルデベロッパー企業様など、私たちの発酵堆肥を使った安全な土壌作りの提携パートナーを募集しております。未来の日本を支えていくことになる子どもたち。その子どもたちのために、安全な土壌づくりをご一緒しませんか。

PAGE TOP